疑似恋愛を演出する

お店で過ごす時間の間は、まるで付き合っているかのような雰囲気を演出することはとても効果的です。男性は特別な関係を求めています。
もちろんそれはお店の外でという意味も含まれますが、他人行儀で話をするよりも、恋人同士かのように話をする女性を男性は求めています。

男性はいくつになっても恋愛でのドキドキ感を求めています。
むしろ女性と遊びたい男性の多くは、女性と付き合いたいのではなく、ドキドキ感を味わいたいと思っています。
なので、恋愛しているかのような雰囲気で相手とコミュニケーションを取ることは、テクニックの一つと言えます。

疑似恋愛によって相手をコントロールしよう

客を上手くコントロールする

会話の時にニコニコしながら目を見つめ合ったり、スキンシップを多めにするなど、相手に「まさか…?」と意識させるのも良いでしょう。
疑似恋愛を用いると、アフター等のお誘いもされますが、面倒であれば「お店の中だけは特別な関係でいようよ」と釘を刺しておくことで、アフター等を上手く回避することができます。

注意点としては、相手があまりにも本気になりすぎてしまうと逆恨み等をされる可能性がある点です。
その点を注意しつつ、適度に距離間を保ちながら、イチャイチャしてみると良いでしょう。