客に返信してもらうためには

営業メールはキャバクラで働く女の子にとって必須のツールですが、ただ単にメールを出すだけではなかなか良い返事はもらえません。
大切なのは、メールを見た男性に、まずは返信をしてもらう、「お店に行こうかな」と思ってもらえるような内容を送ることです。

そのためには「お店に来て」ではなく、他愛のないことからメールしてみると良いでしょう。
いきなりお店に来てもらうことではなく、返信をもらうことを目的にすれば、どのようなメールを送れば良いのか見えてくるのではないでしょうか。

お店で会話した内容は効果的

店内で会話の続きをするような内容で

効果的なのは、お店で話したことなどです。

例えば「先日〇〇さんが言っていたお店に行ってきたんですよ」「この前、〇〇さんが話していた通りにやったんです」など、まるでキャバクラの店内での話の続きをするかのような内容であれば、相手の男性も「自分との話を覚えてくれていたんだ」と嬉しい気持ちになるはずです。
「お店に来て」ではなく、あくまでも他愛のないメールなので返事をくれる可能性も高いです。

メールのやり取りが続けられれば、関係を繋ぎとめておくことができるので、まずは連絡を取り合えるようにすると良いでしょう。
そのためにも何を話したのかくらいは覚えておくと、後々の営業の時に役立ちます。